若い女性に多い月経の異常|好きなスタイルで出産できる助産院とは|昔ながらの方法で出産できる

好きなスタイルで出産できる助産院とは|昔ながらの方法で出産できる

ドクター

若い女性に多い月経の異常

カウンセリング

無月経や月経の乱れ

大阪にある婦人科では、無月経や月経の異常で相談してくる若い女性が少なくありません。そういう女性はごく一部のように見えますが、昔と比べてその数は増えてきています。無月経は初潮があっても一時的に生理がない状態や、不規則な周期で出血の量が多すぎたり少なすぎたりする異常もあります。通常の月経は、周期が28日から34日前後となり、月経が始まっても5日から7日以内で終わるのが正常とされています。このような月経の異常で受診してきた人には、詳しい問診を行い、内診にて異常の有無を確認したうえで治療が行われます。大阪の婦人科では、月経異常をホルモンバランスの乱れとして薬を使って治療していきます。主に処方される薬はピルがほとんどで、これが卵巣の機能を刺激してホルモンバランスを整えていってくれます。しばらく服用を続けていると基礎体温の乱れも落ち着くようになるので、月経が正常に再開されることも期待できます。

症状を引き起こす原因

月経異常が起こる原因として、ストレスが挙げられます。肉体的・精神的なストレスを感じてしまうと、それが脳に伝わってしまうので卵巣のホルモン分泌に影響してしまいます。また、ストレスだけでなく過度の栄養不足もホルモンバランスを崩してしまう原因にもなります。最近の若い女性はダイエットを意識するあまり、栄養失調寸前の人が少なくないと言われています。大阪の婦人科でも問診の結果から、原因を特定していくことができるため、原因解消のためにも適切なアドバイスも行われています。月経による異常は、無排卵を起こしてしまう可能性も高く、放置していたら不妊につながってしまう場合もあります。数か月も月経の異常が感じられるときは、早めに婦人科を受診をして治療をしていかなければなりません。大阪の婦人科では月経に対する問題も積極的に診てくれるため、将来的なことを考えれば改善していく必要があります。